【AIと倫理 ーダイナミック・ハーモニーを手がかりに】第59回(2021/12/14)無名塾(オンライン)開催 講師:鈴木晶子 先生

講演テーマ:「AIと倫理 ーダイナミック・ハーモニーを手がかりに」

講 師:鈴木晶子 先生

京都大学大学院教育学研究科 教授

理化学研究所 革新知能統合研究センター 人工知能倫理・社会チームリーダー

【研究論文】

・AIと大学 -未来型サイバー・フィジカル・システムのゆくえ                                                                                                                (教育学術新聞, 2019年8月28日刊行, 2-2)

・AI技術文明時代に求められる教養を探る -法・倫理・教育にとっての技術革新と人間社会 -                                                       (教育哲学研究, 119, 146-152)

◆ 冒頭挨拶 (塾僕 武田修三郎)

前回、9月開催の無名塾は、一ツ橋大学 市川類先生にDXについて話題提供をして頂きました。今回は京都大学 鈴木晶子先生にAIと倫理について話題提供して頂きます。鈴木先生は、大学で教育哲学や歴史人類学の研究、また兼任されている理化学研究所では革新知能統合研究センター 人工知能倫理・社会チームのリーダーをされています。何度か先生とオンラインで話をしましたが「人間の知や能力を最大限に引き出す研究のためには、専門分化された領域研究ではだめで人間活動全般にわたる広い領域の研究が大事であるそれで初めて人間、そして人間らしさの謎に迫ることができる」と話されています。

ニューズウィーク誌11月30日付の日本語版では「AI戦争の時代」の特集でAIを搭載した兵器が、自らの判断で敵を殺し始めた。また、米元国務長官のキッシンジャー等がだした著書「AIの時代と私たちの未来」を紹介し、キッシンジャーによる“AI兵器は、核より怖い”という言葉も伝えています。AIがトランスフォームさせるのは、戦争だけでなく、経営・ガバナンス、技術、産業、行政、医寮、すべての分野にわたります。

 流通大手のアマゾンでは、会費をとって特権やサービスを提供する「プライムメンバー」というサービスがありますが、特権は、当日配送や無料ビデオ配信などです。奇妙な比ゆかもしれませんが、会費をとり、特権やサービスを提供するという点では、中国共産党と同じです。アマゾンのプライムメンバー数は1億7500万人、中国共産党員数は9500万人で、どうやって顧客を満足させるのか。経営、特にガバナンスが要です。

これについて、アマゾンの創始者ベゾスは、大幅にAIを導入していると秘密を述べています。一方、習近平は述べたことはありませんが、ガバナンスの専門家たちは、彼も間違いなくAIを最大限導入していると考えています。つまり、AIで9500万人の共産党員のプライドと待遇をどう満足させ、党に忠誠を尽させるか、中央委員会のライバルの弱点を握り、どう失脚させるか、14億人の中の不穏(ふおん)分子をどう摘発するか、を行っている。

一見、何れも大変な成果を上げているように見えます。しかし、本当にそうでしょうか。もしかしたら、私たち人間の本質を忘れたディストピアに入っているのかもしれません。だからと言って、私たちは、AIの進歩を遅らせることはできません。遅らせれば、それだけ日本は世界からおいて行かれるだけです。真のAIの進歩のためには、研究費の増額だけでなく、人間とは何か、その人間が行う国家、企業、研究といったことを含めたAI倫理を確立する必要があります。それも個々の人々による異なったものではなく、共通した意味のものが必要です。本日の無名塾で皆さんがぜひ鈴木先生の話から、そのためのヒントを得てほしいと思っています。コーディネーターは、京都大学 学際融合センターの宮野先生にお願いしました。宮野先生の活躍ぶりは改めて紹介するまでもないと思いますが、先生が行っている学際融合のテーマに、ぜひAIの推進、そのためのAI倫理を入れてほしいと思っています。

塾僕 武田のまとめ

鈴木先生、宮野先生、ありがとうございました。あらためてAI、人工知能とは何であるのか考えさせられました。1950年代半ば、この分野の立ち上がりの頃、これをどのように呼ぶかについての論争がありました。創始者の一人、ジョン・マッカーシー(John McCarthy)は、「人工知能(AI-Artificial Intelligence」と呼び、結局、この呼び方が定着したのですが、同じ創始者の一人、ハーバート・サイモン(Herbert Simon)は、Complex Information Processing (CIP:複雑系情報処理)と呼びました。もしCIPが選ばれていたら現在どのような期待、そして倫理の議論がなされるのか、と。 鈴木先生へのお願いの一つとして、AIへの過度の期待は取り去ってほしい、ということがあります。

また、倫理そのものへの課題があります。私たちは、それこそギリシャに戻って、エシックの普遍的な概念を新たに打ち出す必要があると思っています。そしてAI倫理やデータ倫理を世界で統一できるかという課題もあります。現実の問題として、私たちは自由と民主主義を基盤とする社会体制の中で議論していますが、権威主義を基盤とする社会体制では、異なる考え方でAIやデータを扱ってきています。残念ながら、一方の側を強制し、統一させる手段はありません。

その中で本日、鈴木先生が指摘された日本からの貢献の可能性はぜひ進めていかなければと思っています。日本政府のDFFT(Data Free Flow with Trust)の提言が国際的な基準となっていますが、今後も関係方々のさらなる尽力に期待したいと思います。

冒頭で話しましたキッシンジャー元米国務長官は、AIに出会ったのが93歳の時・・今年98歳になりますが、彼は現在もAIの科学的側面で多くの発信をしています。“自分は歴史学者であり、時に政治家だった。科学技術に対して未熟であるが、いまも学んでいる。AI研究者は、国際政治とか、歴史には未熟かもしれないが、AIの国際政治や歴史的な側面での発信をすべきである”と述べています。  ぜひ、日本のAI研究者もAI時代への政治・国際的な戦略を発信してほしいと思っています。