現職

  • 武田アンド・アソシエイツ 代表 (2005年11月 武田アンド・アソシエイツ設立)
  • 筑波大学 学長特別補佐(2018年4月就任)
  • チャートフ・グループ(TCG)シニアアドバイザー(2018年より)
  • 米国オハイオ州立大学 エグゼクテイブアドバイザー(2017年9月就任)
  • 名古屋大学 参与(2017年4月就任)
  • 国立研究開発法人 理化学研究所 経営顧問(2016年4月就任)
  • 米国オーリン工科大学 President’s Councilメンバー(2013年12月就任)
  • 米国ワシントン大学(セントルイス)アジア・アドバイザリーカウンセラー(1994年4月就任)
  • Cosmos Club(ワシントンDC)クラブメンバー (1993年より)
  • (財)ヒートポンプ蓄熱センター 評議員
  • 日本産学フォーラム ファウンデイングデイレクター

受賞

  • 米国オハイオ州立大学Distinguished Achievement Award賞を受賞(2018年4月)

役職・職歴

  • 文部科学省 参与
  • 京都大学 大学院思修館 特任教授
  • 北海道大学 国際連携アドバイザー
  • 早稲田大学 総長室参与・大学院 公共経営学科 教授
  • 東海大学 工学部光工学科 教授
  • 米国リーハイ大学 アイアコッカ研究所 エグゼクティブ・フェロー
  • 米国テネシー州立大学 学長特別補佐(副学長)兼コンピュータ・サイエンス学部特別教授
  • 米国ジョージワシントン大学 客員教授(国際関係学科)
  • 東京大学 生産技術研究所 研究員
  • 米国コーネル大学 客員教授(平和研究所研究員)
  • (財)南西地域産業活性化センター(那覇)顧問
  • 日本産学フォーラムの立ち上げを平岩外四経団連会長、フォーラム創立会長(当時)の下で参画
  • 日米戦略アドバイザリー(創立者ハワード・ベイカー元駐日大使)シニア・アドバイザー
  • IAUP (世界学長会議)シニア・アドバイザー
  • (財)アジア人口・開発協会 評議員(1974年創立以来2015年まで理事・評議員)

≪その他、内外の大学・関係研究機関≫

  • 米国NPO「日米研究インスティテュートUSJI」設立推薦人
  • Quest University Canada(カナダ初の私立大学、設立者UBC元学長D. Strangways)設立委員会メンバー
  • Council of Foreign Relations (Washington DC Office), Energy Security Group, Middle East Forum, Councilor
  • 米国ノースカロライナ州立大学 化学部フェロー (Assistant Professor待遇)
  • そのほか、各種政府審議会、総合エネルギー調査会等のメンバー等就任

学歴

  • 慶応義塾大学 工学部 計測工学卒業(1964年)
  • 同大学院 修士課程修了(1966年)
  • 米国オハイオ州立大学 理学部博士号(Ph.D.)(1969年取得)
  • 出身:愛媛県

主な研究分野

  • デジタルサイエンス政策
  • 国際関係論
  • 組織論
  • 認知科学
  • エネルギー
  • セキュリテイー
  • エネルギー工学
  • 光工学等

取得特許

  • ■発明名称:照明システム
    ・出願番号:特願2001-102594号 (平成23年5月特許登録)
    ・特許第4734745号発明者:武田修三郎、他
  • 発明名称:ヨウ素レーザー装置(権利化済)
    ・出願番号:平成10年 第238462
    ・特許番号:第3768693号
    ・発明者:武田修三郎、他

≪存続期間満了した特許≫

  •  発明名称:沃素レーザー装置および沃素レーザーの発振方法 
    ・出願番号:特願2000-177108号
    ・発明者:武田修三郎、他