メッセージ画像

現職

  • 武田アンド・アソシエイツ代表 (2005年 武田アンド・アソシエイツ設立)
  • 筑波大学学長特別補佐(2018年4月就任)
  • オハイオ州立大学エグゼクテイブアドバイザー(2017年9月より)
  • 名古屋大学参与(2017年4月より)
  • 理化学研究所経営顧問(2016年4 月より)
  • 米国オーリン工科大学 President's Councilメンバー(2013年12月より)
  • 日本産学フォーラムファウンディングディレクター (1992年米国テネシー州立大学学長特別補佐(Special Advisor)を退き帰国後、故平岩外四経団連名誉会長のもとで日本産学フォーラム(設立当初の名称:産業技術等に関する国際交流委員会)を立ち上げ、以後ボランテイアで17年余り事務局長を務める)
  • 米国ワシントン大学(セントルイス)アジア・アドバイザリーカウンセラー(IACA)(1994年4月より)
  • (財)南西地域産業活性化センター(沖縄、那覇)顧問
  • (財)ヒートポンプ蓄熱センター評議員
  • 世界学長会議(IAUP)元シニア・アドバイザー
  • (財)アジア人口・開発協会元評議員(創立以来の理事・評議員を務めた)
  • ワシントンDC、Cosmos Clubのメンバー (1986年よりメンバー)

職歴

米国ノースカロライナ大学化学部フェローを経て、1975年から2005年3月まで東海大学工学部教授。その間、東京大学生産技術研究所研究員、米国コーネル大学客員教授(平和研究所)、ジョージワシントン大学(ワシントンDC)客員教授(国際関係学科)、 テネシー州立大学学長特別補佐(副学長)および特別教授(コンピュータ・サイエンス学部)、リーハイ大学アイアコッカ研究所エグゼクティブ・フェロー、早稲田大学総長室参与・大学院教授、米国外交評議会エネルギー・セキュリテイーグループ(中東フォーラム)カウンセラー、カナダ初の私立大学(クエスト大学)設立委員会メンバー、米国NPO「日米研究インスティテュート」設立推薦人。また、政府審議会、総合エネルギー調査会等のメンバーを歴任。2008年ハワード・ベイカー前駐日大使(元共和党院内総務)の下で、日米戦略アドバイザリーのシニア・アドバイザーを務めた。2007年から2012年まで早稲田大学総長室参与・大学院教授(公共経営学科)、2013年から2016年まで北海道大学国際連携アドバイザー、2013年9月から2017年8月まで文部科学省参与。2012年から2018年3月まで京都大学大学院思修館でイノベートな人づくり、育人教育に携わる。


学歴

慶応義塾大学工学部計測工学、同大学院修士課程卒業、米国オハイオ州立大学理学部博士号(Ph.D.)取得

出身:愛媛県


主な研究分野

デジタルサイエンス、認知科学、組織論、エネルギー・セキュリテイー論、マクロ政策論、光工学、レーザー等


研究報告書

平成10年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構

独創的産業技術研究開発促進事業 研究成果報告書概要

詳細資料PDFPDF)


取得および審査中特許

  • 発明名称:照明システム
    出願番号:特願2001-102594号 (平成23年5月特許登録)
    発明者:武田修三郎、他
  • 発明名称:ヨウ素レーザー装置(権利化済)
    出願番号:平成10年 第238462
    特許番号:第3768693号
    発明者:武田修三郎、他
  • 発明名称:沃素レーザー装置および沃素レーザーの発振方法(審査中)
    出願番号:特願2000-177108号
    発明者:武田修三郎、他


事務所概要

〒108-0074 東京都港区高輪4-24-55-516